So-net無料ブログ作成

ひざ下の黒ずみケアに薬用美白濃密クリーム/LusTer
膝の黒ずみ 皮膚科 ブログトップ

膝の黒ずみ レーザー [膝の黒ずみ 皮膚科]

 膝の黒ずみのレーザー治療とは、原因となっているメラニン色素にレーザーを直接当てて破壊する方法だそうです。レーザーは基本的にはメラニン色素だけに反応するので、その他の細胞には影響を与えずに治療が行えるんですって。

 ただし、副作用もあるそうです。まず白斑ができる可能性があるんだそうです。レーザーでまばらにメラニン色素が除去されてしまった場合、メラニン色素が存在する部分としない部分との差が大きくなってしまい、白い斑点があるように見えてしまうんですって。均一に除去するのは相当に難しい技術なんでしょうね。

 また火傷や炎症が起きる事もあるようです。レーザー治療は、軽度の火傷を起こすことで皮膚の再生を促し、黒ずみを取っていくものなので、肌の調子が悪い時や、ターンオーバーが乱れている時などに施術を受けると、細胞の適切な再生ができず、ただ火傷をしただけという状態になってしまうそうです。
 その火傷から肌を守るためにメラニン色素が大量に生成されるので、結果、黒ずみが悪化してしまうこともあり得るんですって。

 さらにレーザー出力が強すぎる場合や、レーザーの種類が肌に合わない場合などにも火傷や炎症を起こす可能性があるそうですが、これは信頼できるクリニックを選ぶことである程度は回避できそうですね。

 膝の黒ずみに対しては有効な治療方法ではあるのですが、これらの副作用の他に高額な治療になりますので、慎重に検討しておく必要があるそうですよ。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

膝の黒ずみ 皮膚科 [膝の黒ずみ 皮膚科]

 皮膚科を受診して膝の黒ずみの治療を行う場合、ハイドロキノンという薬を用いた治療を行うことが一般的なんですって。ハイドロキノンは非常に美白作用の強い塗り薬で、メラニンを直接漂白するように働くみたいです。
 またトレチノインという薬もよく使われるそうです。トレチノインは肌のターンオーバーを促進し、堆積したメラニン色素の排出を促進してくれるんですって。この2つの薬を併用するケースもあるようですね。

 一方、皮膚科というよりも美容クリニックで多く行われる治療に、レーザーによるメラニン除去という方法があるようです。治療費が高額になるため、あまり一般的にはなっていないようですが、薬を用いての治療よりは即効性がありますので、今後はもっとメジャーになってくるかもしれないんですって。

 ただし、いすれの治療方法であっても何度かは通院する必要があるようです。このため、ご自宅や通勤・通学先から遠い病院を選んでしまうと時間や費用の面で大変になりますので、できるだけ通いやすい病院を選ばれるとよいようです。

 さらに、皮膚科での治療とはいえ、黒ずみ除去効果が100%保証されている訳ではありませんし、いずれの治療方法でも副作用の可能性はあるそうです。
 個人的な意見ですが、原因を取り除くために生活習慣の改善を行ったり、市販薬でもよいものが出ているようなので、いきなり皮膚科での治療に踏み切る前に、これらを試してみたほうがいいんじゃないかな。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容
膝の黒ずみ 皮膚科 ブログトップ
SEO対策テンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。