So-net無料ブログ作成

ひざ下の黒ずみケアに薬用美白濃密クリーム/LusTer

膝の黒ずみにヨーグルトが効くって本当? [膝の黒ずみ 取り方]

 ヨーグルトの上澄み液である「乳清」は、栄養価が非常に高く、健康にいいとされる成分が多く含まれるんだそうです。この乳清をコットンなどに含ませ、膝のパックすると黒ずみの改善が期待できるんですって。

 もちろん乳清に美白効果はありませんし、黒ずんだ膝に栄養分を与えても意味がないように感じますが、実は保湿性も非常に高いので、ターンオーバーを正常化してメラニンを排出していくことに期待ができるみたいですね。

 これなら完全に自然のものですし、ヨーグルトアレルギーというは聞いたことがないので副作用などの心配も少ないと思います。肌に合わないという人もいると思いますのでパッチテストは絶対に必要でしょうが、肌の弱い方でも試してみる価値はありそうですね。

 注意点としては、このパックを行う時は、乳清が乾ききってしまう前に完全に洗い流す必要があるそうです。こんな乳清配合の化粧品もあるので、使ってみるといいかもしれませんね。







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

膝の黒ずみケアに尿素は有効か? [膝の黒ずみ 取り方]

 冬になるとよく尿素配合の保湿クリームなどが宣伝されるようになりますよね。この尿素というのは元々、私たちの肌の角質層に存在している天然の保湿成分のひとつで、肌の水分が蒸発するのを防ぎ、肌の潤いを保持してくれる作用があるそうです。

 さらに尿素には、ケラチンというタンパク質を分解する作用があるので、古い角質が溜まり固くなってしまった皮膚を柔らかくすることができるんですって。ガサガサになったかかとに尿素配合クリームを使ったりするのはこのためなんでしょうね。

 保湿効果があり、古い角質を柔らかくするということは、尿素配合クリームは膝の黒ずみにも効くんじゃないかなと思います。

 調べてみたところ、やはり一定の効果は期待できるみたいなんですが、ただ塗りすぎてしまうと、肌のターンオーバーが本来の周期より早まってしまうということが起きるそうです。そうなると保水力などが未熟な細胞が肌の表面に来てしまうので、逆に乾燥しやすくなってしまうんですって。

 乾燥するということは、免疫力や刺激に対する抵抗力が落ちているということになるので、体は肌を守ろうとしてメラニンを生成してしまう可能性があるようです。

 そう考えると、尿素配合クリームは一定の効果はあるみたいですが、あまり積極的には使わないほうがいいんじゃないかな。他にもっと保湿力の高い、専用のクリームなどがある訳ですからね。








タグ:黒ずみ 尿素
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

グリセリンカリ液 [膝の黒ずみ 取り方]

 「グリセリンカリ液」というのが肌の黒ずみに効くんだそうですよ。皮膚の角質を柔らかくすることができるそうなので、ピーリング作用があるのかもしれないですね。

 ただし、このグリセリンカリ液というのは強アルカリ性であり、肌の弱い人が使用したら、肌荒れを起こす可能性が高いんですって。というか、普通の肌質の方でもヤバイような気がするなぁ。

 体を洗うときでも、弱酸性のボディソープなら肌に優しいなどと言いますが、それとは真逆の強アルカリ性の薬剤を肌に塗ったりしても大丈夫なのかなぁ。

 膝の黒ずみケアに使うというよりも、例えば冬場にガサガサになってしまったかかとに使うというぐらいにしておいた方がいいんじゃないかと思います。







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容
SEO対策テンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。